*ごあいさつ

 皮膚は、身体と心の状態を映す鏡であると言われています。
 皮膚を通して、来て下さった方々とふれあい、一人一人
に備わっている自然治癒力を最大限に発揮してもらうべく

『笑顔で迎え、にっこり笑顔で帰ってもらえる』

よう、スタッフ皆でがんばっています。

川見 伸子


おかげさまで、開業して10年あまり


おかげさまで、
0歳の赤ちゃんから、90歳代の大先輩まで
男女を問わず、たくさんの方々とお逢いする毎日です。


開業当初からつい最近までは
正しい診断、治療、、、
名医(迷医?)を目指して
「治す」
ことに、意識がありました。

もちろん
正しい診断と治療が
大切であることに
今も変わりはありません。

でも、なぜか
『病気-治す』
というものの見方にすこし違和感を覚えるようになりました。

『今、でている症状は何かのサイン、何かのバランスが崩れている合図かも・・・』
という観点から

患者さんに
ふと立ち止まって
ご自身に問いかけていただく・・・

『ご自身の、
心身の状態をとらえていただく
心身の声に耳をすましていただく』

ことが最良の薬ではないか・・・

そして
このプロセスこそが
みずからの
自己治癒力、平癒力、免疫力
があることを思い出す
バランスをとりもどす
ではないかと。


みなさまと共に
笑顔を交わしあい

おたがいさま
おかげさま
ごきげんさま

を生きてまいります。

    2018・1・31